cayococoro

やっぱり

この人と居ると、あたたかい気持ちになる。
とか。
この人を傷つけたくないとか。

損得とか、駆け引きとかそんなことを取っ払って、
隠しきれない想い…

彼がいないとか、適齢期とか。
そんなことじゃなくて、ただ。

そんな風に思い合える人に出逢えたら良いなぁと思う。
[PR]
# by cayococoro | 2011-02-05 23:41

さよなら、おばあちゃん

12月15日 0:55

おばあちゃんが、亡くなった。
83歳だった。

最後に会ったのは10年前。
認知症になり、私たち家族に会いたくなり徘徊してしまうことが大変で、会わないでほしいと頼まれた。
それからしばらくして、こっそり会いに行った時、
もう、おばあちゃんは、色んなことが分からなくなってしまっていた。
私のことも、娘であるお母さんのことも。

こうするしかなかったとか、
会いに行ったって分からないとか、
そんな風にごまかしていたんだと、
もう、話せなくなってしまったおばあちゃんに会って思った。

おばあちゃんの棺に、
私が小さい頃に書いた手紙が入っていた。
ずーっと大切にしてくれていた。

世話をしてくれていたおばさんに、
ごめんね。と言われた。
どうしようもなくやりきれない気持ちになった。

おばあちゃんに、今、こうして頑張ってること、
楽しく過ごしていること、見せたかった。

20年、ずーっと会いたかったおじいちゃんに
会えて今、幸せでしょうか。

さようなら、おばあちゃん。
これからも見守っていてね。
[PR]
# by cayococoro | 2010-12-19 00:47

29

29歳になった。

朝から届くメールは、とてもあたたかかった。

いつもと変わらない、お父さんとお母さんと、犬がいる風景。
一生懸命、祝ってくれた会社のみんな。

これ以上、何を求めているのか。
十分、幸せものだ。

昨日、良き理解者を目の前にした私は勝手なことばかりを口にしていた。

28歳、最後の日は、現実と夢の間でふわふわしてしまった。

29歳は、どんな一年になるんだろう。
幸せだったと思えるように、あとは、頑張った!と言い切れる年にしよう
[PR]
# by cayococoro | 2010-10-12 23:29

小さな光

13日日曜日、会社全体が集まる会議だった。
会議といっても、お誕生日月のスタッフに社長と専務からプレゼントが渡され、皆勤賞をはじめとして、いくつかの部門でミニ賞状が贈られる。
ミニ賞状は集めるとハワイに連れていってもらえるという夢のような特典つき。

役職をいただいて、はや2年弱。
毎月みんなの前でスピーチをしている。
今回は、入社3年目の女の子の話をした。
彼女は、入社したときからずっと、色んな面で下位を争っていた。
良い成績の子の、10分の1くらいの実績だった。

先月、突然、好成績をあげた。
今までもらうことがなかった部門で、賞状をもらっていた。
今までの彼女の4倍。驚く周りの反応をよそに、
ひそかに狙っていた目標を達成出来なかったと悔しさだけをもらした。

うまくいかないことだらけの2年半。
きっと苦しい思いが多かったはず。
みんなと比べれば低すぎる課題を与えられても、
コツコツこなしていた彼女。
違う店舗で頑張る彼女を見守ることしか出来ていなかったが、
照れながら賞状を受け取る彼女のを見て、たまらなく嬉しかった。

きっと今はまだ輝きかたを知らない小さな光をもった子を、
支え、助けてあげられる存在になりたい。

ってことで、まずは私がもっと頑張らなきゃ。
[PR]
# by cayococoro | 2010-06-15 10:39

◯か×か

考えてしまうことを、もうやめようと思って。
ここに書こうと、思う。

失うつもりではなく、選んだ選択肢。
△があると思っていた。本当は◯か×かしかなかった。
あれからたくさん考えたけど、△しか考えられない。
勝手な答えを選び、決断を委ねた。
その結果が、今。

今も、君と話したいです。
君が話してくれた深い傷を、君自身が笑い飛ばせるようになって欲しいです。
その気持ちは変わらないです。

元気でいてね。
また会える日まで。
[PR]
# by cayococoro | 2010-06-07 10:26